高橋博之公認会計士・税理士事務所こうしきブログ

筑西市で会計事務所を経営しながら、中小企業の経営者に有益な情報をお伝えしていきます。

中小企業の時短術

f:id:happy_manegement:20170507115040j:plain

 

本日は、定期購読している『日経トップリーダー(2017年5月号)』の特集記事~誰も教えてくれなかった中小企業の時短術~をご紹介したいと思います。

 

要約すると、

“人手不足は思い込みで、実は人が余っている例が多い。

毎日の客数と従業員数を調べると人材配置の無駄がわかる。

感覚ではなく、データを基に考えれば必ず解は見つかる。“

ということでした。

 

日々、行っている仕事の中で、省くことができる作業があるのか考えてみていただきたいです。

「毎月行っているから」、「前の担当者が行っていたから」、「ルールでそうなっているから」という理由で漫然と時間をかけているものはありませんか?

その作業を省いたとしても、顧客満足度が下がらないと考えられるのであれば、それは無駄な作業と言えるのではないでしょうか。