高橋博之公認会計士・税理士事務所こうしきブログ

筑西市で会計事務所を経営しながら、中小企業の経営者に有益な情報をお伝えしていきます。

医療費控除(セルフメディケーション税制)

f:id:happy_manegement:20170509092338j:plain

 

たまには、本業である税理士業について記事を投稿いたします。

 

皆様、『セルフメディケーション税制』ってお聞きになったことがありますでしょうか?

スイッチOTC薬と呼ばれる一部の市販薬の購入費が年間12,000円を超えたときに、超過分が所得から控除される制度です。

家計が同じであれば本人分だけでなく家族全員分も合計することも可能で、購入費用の上限は100,000円までとなっております。

よって、最大で88,000円の控除を受けることができます。

 

詳しくは、厚生労働省のHPをご覧になって下さい。

www.mhlw.go.jp

 

セルフメディケーション税制』が、平成29年1月より新設されましたが、従来の医療費控除制度が廃止されたわけではありません。

『医療費控除』とは、年間10万円以上の医療費が発生したときに、超過分が所得から控除される制度です。

 

詳しくは、国税庁のHPをご覧になって下さい。

 No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)|所得税|国税庁

 

では、『セルフメディケーション税制』と『医療費控除』をどのように使い分けたら良いのでしょうか?

両者を併用することはできませんので、どちらか一方を選択する必要があります。

大雑把に言うと以下のように考えると良いかと思います。

 

①医療費(OTC薬を含む)全体が100,000円以下の場合

セルフメディケーション税制』が有利

 

②医療費(OTC薬を含む)全体が188,000円超の場合

『医療費控除』が有利

 

③医療費(OTC薬を含む)全体が100,000円超188,000円以下で、そのうちOTC薬以外の医療費が88,000円以下の場合

セルフメディケーション税制』が有利

 

納税者の所得金額によっては、上記が当てはまらない場合もあるのでご注意下さい。

セルフメディケーション税制』が創設される前でも、医療費控除集計は確定申告時期の重い作業でしたが、平成29年度の確定申告ではより一層負担が増えそうです。

 

セルフメディケーション税制』の創設による減税額よりも、新税制の適用による社会的コストの増大の方が大きいと思うのは私だけでしょうか。