高橋博之公認会計士・税理士事務所こうしきブログ

筑西市で会計事務所を経営しながら、中小企業の経営者に有益な情報をお伝えしていきます。

中小企業では、『採用』と『教育』どちらが重要?

f:id:happy_manegement:20170514202637j:plain

 

新入社員の方は4月入社後、研修期間もようやく終了し、現場で悪戦苦闘していることでしょう。

私が考える『優秀な新入社員』とは、足りない能力に自ら気づくことができ、克服する方法を自ら考えだし、克服することに努力を惜しまない人です。

『優秀な新入社員』に対しては、『教育』は必要最小限で十分であり、企業の経営理念を浸透させるだけでメキメキ成長することでしょう。。

なので、『優秀な新入社員』を獲得するには、『採用』がとても重要なポイントとなります。

 

しかし、そもそも優秀な学生が中小企業に応募してくる可能性が低く、多数の応募者の中から優秀な人を選ぶということは、かなりハードルが高いことではないでしょうか。

「うちの会社には、いい人材が来ない。」と愚痴をこぼす暇があったら、社員の『教育』に時間を投入しましょう。

よって、中小企業においては、『採用』よりも『教育』に力を入れる必要があります。

 

では、どのような『教育』を優先して施すべきでしょうか?

それについては、明日、投稿いたします。