高橋博之公認会計士・税理士事務所こうしきブログ

筑西市で会計事務所を経営しながら、中小企業の経営者に有益な情報をお伝えしていきます。

中小企業に監査役は必要?

f:id:happy_manegement:20170518184921j:plain

 

昨日、『中小企業における監査役の給料』というタイトルで投稿しました。

 happy-manegement.hatenablog.com

 

本日は、その対処法について投稿いたします。

 

そもそも監査役の業務とは、

・取締役の職務の執行を監査することが役割です。

・ 監査には、業務監査と会計監査とが含まれます。 業務監査は、取締役の職務の執行が法令・定款を遵守して行われているかどうかを監査することで、会計監査は、会計帳簿や財務諸表が適法に作成されているかどうかを監査することです。

 

一方、取締役の業務とは

・対内的には、会社の業務を執行することが役割です。つまり、会社の業務に関して意思決定することです。

・対外的には、会社を代表することです。つまり、契約の当事者になることです。

 

中小企業において、監査役が本来の監査役の業務を行っているのでしょうか?

「監査してる暇があったら、仕事を手伝ってくれっ!」と言われてしまいそうです(汗

 

それでは、なぜ、会社には監査役と呼ばれる役職が必要なんでしょうか?

以前は、株式会社には必ず監査役を置かなければなりませんでした。

しかし、2006年に会社法が施行されたことにより、必ずしも監査役を設置する必要はなくなったのです。

会社法が施行される以前は、商法で規定されていました。)

2006年以前に設立された会社には、監査役という役職が置かれているはずです。

 

現在では、監査役を置かずに会社を設立することが可能です。

また、監査役の廃止の手続きを行うことも可能です。

 

ここで、昨日のテーマに戻ります。

株式会社の役員に対する給与の相場ですが、監査役よりも取締役の方が高額であることが一般的です。

高額な給料を支給していたとしても、取締役の方が監査役よりも、不相当に高額だと税務署に言われる可能性は低いです。

なので、B監査役が、実質的に取締役と同様の職責を担っていたのであれば、監査役を辞任して、取締役に就任させておけば良かったのです。